​ジェンダーに基づく暴力に反対する国際デー

​​

11月25日 

「女性に対する暴力撤廃の国際デー」

-制度的行為
COVID 19によりセンターで採用されなければならないプロトコルのため、制度的行為を行うことはできませんが、一連の行動が確立されます。 教育コミュニティ全体の参加。引き続き保存されます 1時間前の1分間の黙祷 この社会的惨劇のすべての犠牲者のために休憩する。作成されます ジェンダー平等プロジェクトの第4回ESO学生による性差別的暴力に対するマニフェスト、教師によるもの、 センターのウェブサイトにアップロードされるAMPA。

-センターの各コースでのジェンダーに基づく暴力に対するスローガン。この種の暴力を非難します。センターの入り口に展示され、 それは教育界全体が読むことができます。この活動はすべての学生を巻き込み、平等計画の協力を得て実施されます。 指導部、DACE、教員。  

--1番目、  2位 と3番目 ESOは詳しく説明します 段ボール、暴力に対するポスター 性別 モットー:  「女性に対する暴力を非難する:CHANGE THE WORLD」は、対応する教室で展示されます。平等計画と協力して、ガイダンス部門と2番目と3番目の社会的およびジェンダーの変化の教師 それ。

広告ポスター展 暴力のない生活は正しい すべての人に宛てた 4年生の男女共同参画プロジェクトの学生によって実施されたジェンダー暴力に対するセンターのコース メルセデスサンチェス夫人がコーディネートしたESO。この展示会は、センターの入り口で展示されます。

Captura de pantalla 2018-09-06 a las 10.
logo insti trans.PNG